日本でも定着しつつあるハイジニーナ脱毛

日本でもVIOの脱毛、いわゆるハイジニーナ脱毛が定着してきました。 Vラインまで全てを脱毛するというケースはそれほど多くなく、少し残した状態で周りのむだ毛をしっかり処理するという具合でのVIO脱毛が人気です。

そのひとつの要因は、ここ数年の脱毛サロンの競争が激化し、価格がだいぶ安くなったことが挙げられます。 中には、脱毛専門サロン「エピレ」のように、VIOラインの脱毛がキャンペーンを使って9,000円(3回)など、従来の価格設定では考えられなかった激安で受けることが出来るようになりました。

多くの脱毛サロンでは、光脱毛のシステムを採用しています。 これは家庭用脱毛器などでも採用されている流行の脱毛システムで安全性はもちろん、以前のニードル脱毛などと比較して、痛みがほとんどなく、肌への負担も少ないことから一気に人気の脱毛システムとなりました。

ブラジリアンワックス脱毛も人気に

光脱毛システムが人気を集める中、少し遅れて人気を集め出したのが「ブラジリアンワックス脱毛」です。海外人気ドラマのSEX and the CITYの中で登場し、日本にその名が知れ渡りました。

元々は欧米ではアンダーヘアーのお手入れはワックス脱毛が主流であり、日本では法律規制などの問題もあり、海外とは異なる特殊な脱毛手法が発達してきた経緯などがあります。

サロンでのVIO脱毛に抵抗がある顧客層も

VIOラインの脱毛が人気を集める中、一方では「人前でのVIO脱毛には抵抗がある」という顧客層もいます。もちろんサロンは女性専用とはいえ、何度もVIOの脱毛をおこなうのは、かなり決心がいるはず。

それはブラジリアンワックス脱毛といえども、施術の回数は少ないものの、光脱毛と同じように四つんばいや仰向けでの施術となるので、やはり抵抗は少なくありませんよね。

ブラジリアンワックスでVIOの自宅脱毛が可能になりました!

そんな中、登場し注目を集めているのが「自宅でできるブラジリアンワックス脱毛」です。

食べても身体に害がない成分を使うので安全に、しかもワックスを塗布し、シートを剥がすだけというシンプルな処理方法なので簡単に自宅で自己処理できるわけです。

価格は約10,000円程度と、脱毛サロンのキャンペーンを活用するのとそれほど変わらずに利用することが出来ますので、これも人気の理由となっています。

自宅でVIO脱毛が出来るのはブラジリアンワックス脱毛だけ

日々発達している家庭用脱毛器でも、VIOの脱毛は「使用不可」と書かれており、自己責任で処理するのが暗黙の了解となっていました。

ただ、Vラインはなんとか処理できても、IOラインについてはかなり無理があります。 しかしブラジリアンワックス脱毛なら塗布するだけなので、無理なく脱毛することが出来るようになりました。

ブラジリアンワックス脱毛知識